22 Nov 2014, 19:06

GithubクローンのGitlabの導入とその際のちょっとした注意点

もろもろな理由のためにGithubが利用できないことも多くあると思う。
というわけでGithubクローンのGitlabを試しに立ててみたが、簡単すぎでした…

GitLab | Open source software to collaborate on code

環境
さくらVPS 1Gプラン
OS:CentOS7

インストール
基本的にはドキュメントに書いてある以下のとおりで終わり。

$ curl -O https://downloads-packages.s3.amazonaws.com/centos-7.0.1406/gitlab-7.5.1_omnibus.5.2.0.ci-1.el7.x86_64.rpm
$ sudo yum install openssh-server
$ sudo systemctl enable sshd
$ sudo systemctl start sshd
$ sudo yum install postfix
$ sudo systemctl enable postfix
$ sudo systemctl start postfix
$ sudo rpm -i gitlab-7.5.1_omnibus.5.2.0.ci-1.el7.x86_64.rpm

$ sudo gitlab-ctl reconfigure
$ sudo firewall-cmd --permanent --add-service=http # open up the firewall for HTTP and SSH requests
$ sudo systemctl reload firewalld 

しかし1つ気をつけないといけないことがある。
gitlabでは裏でNginxが起動しhttpのレスポンスに応答する。
すでにApache等が動いている場合には停止、あるいはポート番号の変更などの工夫が必要。

ちなみにApacheを停止し、Gitlabを起動した状態で80番ポートのプロセスをみると。
nginxが動いていることがわかります。

``` $ sudo lsof -i:80 COMMAND PID USER FD TYPE DEVICE SIZE/OFF NODE NAME nginx 25937 root 6u IPv4 84715 0t0 TCP *:http (LISTEN) nginx 25942 gitlab-www 6u IPv4 84715 0t0 TCP *:http (LISTEN) nginx 25943 gitlab-www 6u IPv4 84715 0t0 TCP *:http (LISTEN) ```

特定のポートで何が起動しているかみるのにlsofコマンドはとても便利。

あともう一つとまどったのが、GItlabを起動させたものの、はじめログイン方法がわからなかった。
が、よーくページのしたの方よくみると書いてありました。(単なる見落とし)

<blockquote>
    <p>Browse to the hostname and login <br>

Username: root
Password: 5iveL!fe

</blockquote>

このエントリーをはてなブックマークに追加