本ブログが暗号通貨BATの支援受付をサポートしました

18 May 2021, 22:42 By mosuke5

こんちには、もーすけです。
本日は、ブログというよりお知らせとなります。

2021年5月18日より、Goldstine研究所では、Brave社が展開する「Brave認証クリエイター」に参加しました。 それにより、暗号通貨BAT(Basic Attention Token)での支援チップの受付ができるようになりました。Braveブラウザを利用している人は、少しでも本ブログが役に立ったなと思ったらぜひチップを送ってください(笑)ますます頑張っていこうと思います。

Braveってなに?

Braveは、現代のインターネットのありかたに疑問をもった方々が、「インターネットをもっと素晴らしく」というメッセージのもと開発されたブラウザソフトウェアです。 現代のウェブ広告は、個人情報を収集しプライバシーを侵害すると考えているため、まったく別のアプローチで、インターネットコミュニティを良くすることを考えています。Braveでは、デフォルトで広告を排除する機能がついているため、「速い」などと言われています。

ウェブ広告を排除してしまったときに、インターネットのコンテンツ提供者側は困りますよね? このようにブログを運営しているわたしもただただウェブ広告を排除されてしまったら困ります。 そこで考えられたのが、「BAT(Basic Attention Toke)」と呼ばれる暗号通貨を用いた、新しいRewardの仕組みです。

Braveを利用しているユーザは、ウェブブラウジングをしているだけでBATとよばれる暗号通貨を獲得できます。そのBATを、気に入ったコンテンツクリエイターにチップ・報酬としてあげることができるというものです。くわしくは、こちらの「ブラウジングで報酬を獲得し、お気に入りのクリエイターを支援」を見てみてください。

で、このブログもBATによる支援を受け付けられるようにしたというわけです!
ちなみにわたしは、最近はすべてBraveブラウザに切り替えました。

BraveがBitflyerと連携を発表

最近(2021年5月13日)、「日本のデスクトップユーザー向けBrave RewardsのウォレットをbitFlyerとリリースします」というアナウンスができました。 これはどういうことかというと、Braveを使っているユーザは、ウェブ閲覧で獲得したBATの暗号通貨のお財布としてBitFlyerという大手の暗号通貨取引サービスを利用できるようになったということです。

これによって、ウェブ閲覧やチップとして受け取ったBATを現金に買えたり、別の暗号通貨に買えたりすることもできます。あるいは、BitFlyerで購入したBATを使ってクリエイターにチップを渡すこともできるようになりました

とってもいいアップデートです!!!

ブログ運営者としてどうおもっているの?

広告をブロックしてしまうブラウザBraveなわけですが、ブログ運営者の目線からどうみているか簡単に書いておこうと思います。当然、広告収入がなくなるのは厳しい話ですが、一方でUXを阻害する現代のウェブ広告のあり方にもすこし疑問をもっています。
本ブログでは、読み手の邪魔をしないように、基本的にはサイドバーに広告を配置するようにしていますが、利益だけ考えるともっとごちゃごちゃ配置したほうがいいとなります。

もっとよいインターネットのあり方はあるなと思っているので、Braveの活動も応援したいと思っています。

ついでに暗号通貨投資もはじめてみよう

わたしは、ITが主な専門ですが、「投資」はその次くらいに力をいれている分野です。 暗号通貨への投資は今後欠かせない存在になってくると思っています。 多くの方は、暗号通貨の取引所から通貨が漏洩したことや、価格が暴騰・暴落するニュースなどばかり耳にするのでいい印象がないかもしれません。しかし、どこの国にもどこの組織にも依存しない通貨ということで、あたらしいコモディティ商品として個人的に投資を続けています。

すこしでも興味あるよという方は、BitFlyerのアカウントを作ってはじめてみるといいです。 100円から投資できるし、Braveを使えばウェブ閲覧で手に入れたBATを現金にすることもできます。

以下のリンクからアカウントを作る(スマホからのみらしいです)と1000円分のビットコインももらえるのでぜひみてみてください。

BitFlyerの招待リンク

記事の内容に関連した相談、仕事依頼したい New

記事の内容やクラウドネイティブ技術に関する相談、仕事依頼を開始しました。
仕事依頼、相談をしてみる

記事へのフィードバック

本記事に対して、フィードバックあればこちらのフォームからご記入ください。
記事の内容にフィードバックしてみる

このエントリーをはてなブックマークに追加