09 Mar 2014, 21:25

VLAN、Trunkを使った実践的な構成のメモ

VLAN、Trunkそれぞれを一部分的に切り出した説明はよくあるが、
それらが組み合わさった実践的な構成についてあまり書いてないので、例を考えて載せてみる。

f:id:mosuke5:20140309212318j:plain

(1) L2スイッチに2つのシステムのサーバ(それぞれが冗長構成)がある。
(2) それぞれのシステムはVLANで切られている
(3) L2-L2間、L3-L2間はTrunkを使用(Vlan100,200)
(4) L3インターフェースはサブインタフェース利用
(5) L3の冗長はHSRPを利用

ほかにいろいろ思いついたら、付け加えます。

このエントリーをはてなブックマークに追加